鬼火(第六夜)-「寛政捕物夜話」連作短編集-

久太郎とふたりで、地べたをはいずり回るようにして敷地を隈なく探して回ったが、それらしい痕跡は見つからなかった。
・・・あれから時間も経ち過ぎていた。
工場裏の、玉姫稲荷の先にある木立に分け入った。
めったにひとが足を踏み入れない、下草が伸び放題の小道もない木立だった。
忠吉も弦蔵も、どうしてこんな変哲のない木立に惹かれて、しじゅうやってきたのだろう?
三町四方ほどの木立の中ほどに、傾きかけた祠があった。
その周辺だけが下草が刈り取られ、踏み固められていた。
祠を見ると、台座のところに線香と蝋燭の燃えかすがあった。
・・・近所のだれかが、たまにここでお祈りをしているということだろう。
「こんなところに祠があるのを知ってました?」
久太郎は、首を振った。
祠の横の杉の古木の上の方に注連縄がめぐらされていた。
真横に突き出た太い枝の根元がわずかに裂けていた。
その枝の真下の草地を手で分けると、乾いた血が草の根にこびりついていた。
―浮多郎は、乾いた血をつまんで入れた懐紙を懐に、八丁堀へ向かった。
「溜池の裏の木立の杉の木に逆さに吊るしたようです」
懐紙を見せ、死んだ弦蔵を夜になって溜池に放り込んだのでは、という浮多郎に、
「弦蔵が死んで、お好とお光の母子は喜んだろうよ。悪党を殺したやつを手間暇かけて捕まえてどうする」
と、岡埜は冷ややかだった。
あとは暇な時に続けろと、別の事件の内偵を押しつけられた浮多郎は、聖天稲荷裏のお好の長屋に向かった。
長屋の入り口で、綺麗に髪を結い上げたお光と出会った。
傍らに吉原の亡八と呼ばれる楼主が立っていた。
雑貨屋の店から首を出した大家が、
「お光ちゃん、今日から奉公に出るんだよ」
と、横から口をはさんだ。
お光は、美しい能面のような表情を崩さずに、
「お世話になりました」
と、浮多郎に頭を下げた。
たずねたお好は、座敷で横座りになり、冷や酒を湯呑で呑んでいた。
「おや、泪橋の若親分さん。ちょうどよいところへ。今夜は祝い酒をとことん付き合っておくれではないか」
わざと伝法に誘うお好の目尻には、涙の跡があった。
「弦蔵さんの殺された場所が分かりました」
浮多郎は、冷や水を浴びせるようにいった。
「おや、そうですか」
意表を衝かれたお好は、口へ運びかけた湯呑を畳に置いた。
「たまに働きに出ていた紙漉き工場の近くの木立の中で殺され、溜池に投げ込まれました。下手人は、何か聞き出そうとしたようです。秘密を隠していたんじゃないですか、弦蔵さんは」
お好は、宙を見つめた。
「両耳の後ろに穴を開けられ、杉の木に逆さに吊り下げられた。・・・これって、前の亭主の忠吉さんも同じ目にあったんじゃないですか?」
石像のように固まったお好は、「はっ」と我に返ると、
「帰っておくれ。とっとと帰っておくれ!」
さっき誘ってきたのとは裏腹に、雌鶏のようにけたたましい声をあげた。
―翌朝、紙漉き工場の頭の久太郎が、泪橋の小間物屋の雨戸を激しく叩いた。
「玉姫稲荷の鳥居に、女が逆さ吊りになって死んでいる!」
雨戸を開けた浮多郎に向かって、久太郎が叫んだ。