三角形の殺人(第三夜)-「寛政捕物夜話」連作短編集-

翌日の昼下がり、床屋の二階で寝転がって黄表紙を読む好次朗に、使いの者が文を届けに来た。
文を読んだ好次朗は、階下に降りて髪を整えると、不意に飛び出していった。
顔を輝かし、前だけを見て歩く好次朗の後をつけるのは、与太にとって造作ないことだった。
好次朗は、広小路から上野山下を抜け、日暮里の善性寺裏のしもた屋に吸い込まれていった。
門には、お琴教授の札が下がっている。
与太は、門を入ったすぐ横の枝折り戸を開け、紫陽花の咲く坪庭に入り込んだ。
障子戸がぴたりと閉じた座敷の中から、琴の音が聞こえる。
与太が縁の下に潜り込むと同時に、琴の音が止んだ。
襖を開けた好次朗が、
「お勝さん、ひどいじゃないか」
と声を掛けた。
「喜之助さんが、あんな目にあってさ。すぐに会えるわけがないじゃないか」
女の媚びを売るような声がした。
「下手人は、ひょっとこ面を被っていて。しかも、お前さん、そのひょっとこ面は技巧堂が作った物だそうじゃないか」
「どうもそうらしい。きのう、目明しがやって来て、根掘り葉掘り聞かれたね。あの日には、お勝さんに呼び出されて、池の端にいたことまでいわされ・・・」
「おや。それは、はじめて聞いたね。あの日はお前さんを呼びつけたりなんかしなかったさ」
「だれかが悪戯を?・・・いや悪戯じゃねえ。ひょっとこ面を被って喜之助を殺したやつが、俺を池の端に呼び出した。俺に喜之助殺しの濡れ衣を着せるために」
「・・・・・」
やがて、着物が摺れ合う音がした。
ふたりは口を吸い合っているのか?
「いやねえ。真っ昼間から・・・」
「お琴の稽古にことよせて、・・・はなからそのつもりなんじゃないのかい」
「ああ。いきなり、そんなところに手を・・・。いやらしい」
「お勝さん、そのいやらしいことが、だれよりも好きなんじゃないのかい」
「ひとを、・・・好き者みたいないい方はよしとくれ」
「好き者を、好き者といってどこが悪い。ほら、こんなに・・・」
「ああ、そんなにいじめないでおくれ・・・」
「いや、いじめちゃうね。ほら、これでどうだい」
「ああ」
やがて、帯を解く音が・・・。
これ以上聞いてられなくなった若い与太は、縁の下から抜け出して、しばらく善性寺の庭の躑躅をながめていた。
半刻ほどすると、ほつれた髪を撫でつけながら、振袖の若い女が根岸のほうへ歩いていった。
しもた屋の門の横の植え込みに隠れて張っていたが、それから小半刻経っても好次朗は現れない。
『これは、裏の勝手口から出たか?』と、与太は裏へ回った。
勝手口は半分開いていた。
・・・中から血の匂いが漂ってきた。
座敷に踏み込むと、下帯もない丸裸の好次朗が仰向けに倒れていた。
心ノ臓には、匕首が突き立てられていた。
知らせを受けた浮多郎は、奉行所に与太を走らせ、じぶんは日暮里の善性寺へ向かった。
わざと用事を作って座をはずしていた琴の師匠がもどって来て、悲鳴をあげた。
そこへ、岡埜同心がやって来た。
「なんじゃいこれは」
丸裸の好次朗の死体を見るなり、岡埜は素っ頓狂な声をあげた。
・・・好次朗の額に将棋の駒が五寸釘で打ち据えてあった。