「写楽・恋の四十八手ー寛政捕物夜話・18ー」第三夜

幸吉が三十八手目を描いた夜、依頼主の兼助が吞みに誘う。
「俺の命もあと数か月だ。頭にある企画をすべて実現して死にたい」
兼助が告白した。
「写楽・恋の四十八手ー寛政捕物夜話・18ー」第三夜をカクヨムにアップしました。
https://kakuyomu.jp