四人心中(第一夜)-「寛政捕物夜話」連作短編集ー

はじめに犬が死んだ。
・・・次に、ひとが死んだ。
三ノ輪の浄閑寺に犬の死骸が次々と投げ込まれ、三頭目は半死半生のまま投げ込まれた。
「いくら投げ込み寺でも、犬まではねえ・・・」
浮多郎を呼び出した浄閑寺の住職は大げさに溜息をついた。
吉原女郎が病死すると、ここに投げ込むので、別名「投げ込み寺」と呼ばれている。
「とっくに焼いて墓地の横に埋めてやりました」
「犬の死骸は?」とたずねると、住職はそう答えたが、三頭目の犬はまだ墓地で生きているという。
寺の裏に回ってみると、たしかにぶち犬が濡れ縁の下でぐったりと寝そべっていた。
小僧が見つけたときは、口から泡を吹いて、じぶんの吐しゃ物の中でのたうち回っていたという。
浮多郎は手控え帖に、目の周りに大きな黒い斑点のある顔と、尻から尻尾にかけてやはりぶちになっているめずらしい犬を写生した。
犬殺しの犯人を探索する気など、なかったが・・・。
三日ほどした昼下がり、吉原で女郎が自殺したと聞いて駆けつけた。
吉原左手奥突き当りの九郎助稲荷の松の木で首を吊ったという女郎は、大門を潜ってすぐ右の四郎兵衛会所に横たわっていた。
角町の女郎のお浜と知れたので、楼主と番頭がやってきて面通しは済んだという。
面番所の同心が、角町の高砂屋へ出向いて、遺書や所持品などを取り調べ中だった。
浮多郎は番頭と顔見知りなので、仏さんを拝ませてもらった。
緋縮緬の打掛に、白紬の小袖に黒緞子の帯を締めて小ぎれいななりで、しごきで吊った首に赤紫のうっ血の跡が見えた。
浮多郎は、ちょうど浅草寺の正午の鐘が鳴ったころに首を吊ったと聞いて、お昼のど真ん中のいちばん明るいときに自死するとは、・・・珍しい。
夜中に悩みに悩んで、明け方に自死するのがいちばん多いと、養父の政五郎に聞いていたからだ。
一刻ほどして、特注の簪を納めに来た錺職人の与太が、
「さっき、深川の岡場所を通ったら、大騒ぎで・・・」
どんぐり眼を大きくして言った。
「どうしたい?」
「女郎が喉を突いて自殺したとか」
「死んだのかい?」
「そのようで」
こんな天気のよい、しかも真っ昼間に女郎がふたりも自死するとは、なんという厄日だろう。
・・・たしか、今日は仏滅だったはず。
しかし、自死したのはふたりだけではなかった。
「下谷で夫婦者が心中した」と、岡埜同心の使いの者が浮多郎を呼びに来た。
『いっぺんに四人も!なんという仏滅の日だろう』
浮多郎は、今日の日を呪いながら、下谷めがけて駆け出した。

私、売ります(第八夜・大団円)-「寛政捕物夜話」連作短編集ー

「なぜ、安島という牢人は、後家を殺した木場の博徒どもにやすやすと連れ去られたのかな?」
江戸湾から熱い海風が吹き込むせいか、うだるような昼下がりだった。
政五郎は壁に寄りかかり、しきりに団扇を使った。
五月興行の恋女房染分手綱で、山谷の肴屋五郎兵衛を演じた幸四郎を描いた、写楽の大首絵が団扇の絵柄だ。
「まるで生ける屍のようで、立ち向かう気力すらなかった、というところでしょうか」
何も聞いていない浮多郎は、安島幸之丞の気持ちを想像するしかなかった。
「根岸の質屋に押し入って放火したのも、あの腑抜け侍かい?」
「上野山下の質屋だけだと、あの壺が狙いと分かってしまうので、カド屋の新吉がどこでもいいので別の質屋を襲わせたのでしょう。質草の三味線を盗んだり、放火までして・・・牢人の安島が犯人と思わせる細工もしました。いかにも馬鹿丸出しの猿芝居です。壺を盗んだときも、同じ棚にあった五点の質草もいっしょに盗み出しました。しかも、すべて寺社の塀に投げ込む間抜けぶりです」
そこへ、裏の井戸で冷やした素麺を盛った笊を手に、お新が台所から顔を出した。
「どうして、三百文の値しかつかない素焼きの壺のために、殺したり火付けしたりしなきゃあならないの?」
お新の問いかけに、首をひとひねりした浮多郎だが、
「ひとつは、強盗を引き受けた博徒どもが、押し込み強盗に不慣れなので、抵抗されて逆上したか・・・。ふたつ目は、倅の千代吉から上野山下の質屋に質入れしたとは聞いたが、壺を三百文で質入れしたのは知らなかった」
「その壺に高い値がつくと、親の新吉は知っていた。たしかに、ただの素焼きの壺だけど、ものすごいお値打ちの骨董品だった、とかさ」
「お新ちゃんも、いいこと言うねえ。たしかにカド屋の床の間に麗々しく飾られた家宝の壺だった。倅の千代吉があの壺を、大金で質入れしたと思い込み、請け出す金がない。それで強盗を、・・・したのかな」
いつまでも、恋女房を「ちゃん」付けする浮多郎だった。
もっともふたりは隣家同志の幼馴染だったが・・・。
「手代の半次郎の目利きが、悪かったのだろうよ」
早く素麺を食べたい政五郎が、話をうまく収めた。
―翌日、浮多郎は件の素焼きの壺をひと目拝ませてもらおうと、奉行所に同心の岡埜をたずねた。
カド屋の納戸に隠してあった壺を押収し、今は奉行所の証拠品を収める蔵に置いてあるという。
岡埜が鍵で蔵を開け、入ってすぐ左上段の棚の素焼きの壺を背伸びして取ろうとしたその時、鼠が岡埜の足元をちょろちょろと・・・。
鼠に気を取られた岡埜が、取り落とした壺が派手な音を立て三和土に落ちた。
割れずに転がった壺を拾い上げた浮多郎が、縁を見ると素焼きがはげ落ち、下地が金色に輝いている。
調べ室に持ち込んで、表面の素焼きをすべて剥がしてみると、金色に光り輝く見事な金の壺に変貌した!
―再びカド屋の新吉に問いただすと、すらすらと自供した。
紀尾井町のさる大名屋敷の改修工事を請け負った新吉が、誤って納戸に入り込んだ時に、桐の箱に収められた金の壺を見つけ、人知れず盗み出した。
それをじぶんで泥をまぶして素焼きにし、床の間に飾っておいたということだった。
気の毒なのは、壺を盗まれたお大名で、だいぶ経ってから家宝の金の壺がなくなったと知らされ、夢にも新吉のことなど思い浮かばず、激怒して納戸係の仕業と決めつけ、お手打ちにしてしまった。
これは、カド屋の新吉と木場の悪党どもが獄門打ち首になってからだいぶあとの話だが、・・・倅の千代吉は、お手打ちになった納戸係をはじめ、質屋の後家と丁稚の霊を弔うため、仏門に入ったという。
一方、高崎藩で出納係のお調べがあり、公金の横領が発覚した。
『出納係を訴え出た安島幸之丞を誣告の罪で追放したのは、まちがいだった』と今になって認め、藩への復帰が赦された。
高崎へ出立する日の朝、なかなか姿を見せないのに業を煮やした長屋の大家が部屋に押しかけると、三畳間と土間一面は血の海で・・・。
安島幸之丞は、見事に腹を斬って死んでいた。

私、売ります(第七夜)-「寛政捕物夜話」連作短編集ー

―その夜、吉原から遅く帰ったお新が、「なか」での出来事を話した。
「京町一丁目の吉川屋で大立ち回りがあってさ・・・」
馴染みの若い客が、幇間と芸者のお新を呼んで花魁と四人で宴会をはじめた。
しかし、どうにも酒癖の悪い客で、「今夜、俺と心中しておくれ」と、泣きながら花魁を掻き口説くので、これはただ事ではないと番頭が駆けつけた。
「家宝を質に入れて親に勘当され、熱海に逃げたが、にっちもさっちもどうにもならない。惚れた花魁と死のうと舞いもどった。さあ、いっしょに死んでおくれ」と、懐に隠し持った匕首を振り回すので、幇間と若い衆と三人がかりで縛り上げ、面番所に突き出した・・・。
それで帰りが遅くなった、と言い訳するお新に、
「そいつの名前は?」
浮多郎が喰いつくようにたずねた。
「ああ、・・・花魁が、『千代吉さん』と呼んでいたような」
しまいまで聞かず、浮多郎は鉄砲玉のように飛び出していった。
―吉原大門すぐ横の面番所の小部屋で、縛られたままの千代吉は、まだ酒の匂いをぷんぷんさせていた。
頬のあたりにまだ乳臭さが残る男は、女をたらしこむ色っぽい目つきで、浮多郎を見上げた。
「千代吉さんで?」
若い男はうなずいた。
「『家宝を質に入れて勘当された』とおっしゃっていたようですが、もしかして、それは上野山下の質屋で、質草に持ち出した家宝とは、素焼きの壺ではないですか?」
『この若い目明しは、どうしてそんなことまで知っているのだ』と言わんばかりに、千代吉はとろんとした目を大きく見開いた。
「受け取ったのは、三百文でまちがいないですか?」
これで観念したのか、千代吉は大きくうなずいた。
面番所の同心は、
「そんなこと、この若造と何のつながりがある?」
と怪訝な顔で、たずねた。
「壺のせいで、後家の主人と丁稚が殺されやした!」
浮多郎の啖呵に・・・、同心よりも千代吉のほうが驚いた。
木場の材木商で大工仕事も請け負うカド屋の新吉が父親、と聞き出した浮多郎は、その夜のうちに八丁堀の岡埜の役宅へ走った。
―翌朝、奉行所に召し出された新吉は、ドラ息子の千代吉とともに、厳しい取り調べを受けた。
「へい、倅の千代吉が家宝の壺を盗み出して質入れしたのは、まちがいありません」
「質店にその壺を盗みに押し入って、ふたりも殺すとは極悪非道なやつ。三百文で請け出せば済む話ではないか」
「ひと殺しなどしちゃいません。・・・それに、三百文などまったく知らないことで」
「何を申しておる!」
―拷問にかけられた新吉は、その日のうちに『木場に巣食う博徒の悪党どもに壺を盗むのを頼んだが、荒っぽいやつらで質屋の後家と丁稚を殺してしまった』と白状した。
すぐに、武装した与力が、捕縛の下役を従えて木場へ向かった。
・・・浮多郎が駆けつけると、騎馬に跨った与力の梶原勝之進が、数珠つなぎに縛った木場の悪党どもを引き連れ、意気揚々と引き上げるところだった。
それとは別に、白鉢巻き白襷姿の捕物役に引き立てられる、安島幸之丞の哀れな姿があった。