私、売ります(第三夜)-寛政捕物夜話・連作短編集ー

「見事に、何もないな」
岡埜が驚いたように、『拙者売ります』の牢人者の三畳ひと間には、寝具も、衣類も家財道具も何もなかった。
一年ほど前、元高崎藩士・安島幸之丞という名で源太郎長屋を借りに現れた、と大家は言った。
半年前からわずかな家賃も滞り、傘張りなどの内職をするでもなく、ただ部屋でぽつねんと座っているだけだった。
浮多郎は、煤だらけの神棚で、黒い布にくるまれた本を見つけた。
手に取ると、『論語』というのは表紙だけで、中身はびっしり干支と数字が手書きされた帳簿のようなものだった。
「これは、・・・大福帳から引き写したものか?」
岡埜はしきりに首をひねったが、それをふところにねじり込み、
「甚吉とふたりで手分けして、上野あたりを聞き込みに回れ」
と命じ、奉行所に引き上げていった。
―質屋の並びの三軒先の仏具店の主人の爺さんが質屋のことをよく知っている上に、おしゃべりときているので、聞き出す手間はいらなかった。
「質屋の亭主は入り婿で、からだは細いが律儀な働き者でさ。朝からくるくるとよく働くのに、家付き娘のお内儀は芝居見物やら、熱海の名湯めぐりやらに血道を上げる道楽者さ。その上、大の男好きときたもんだ。ご亭主は、嫁にやり殺された、ともっぱらの噂で・・・」
おおかた、そんな噂を流した元締めは、この仏具店の爺さんだろう・・・。
「ああ、亡くなったのは三年ほど前さ。お内儀が若い手代を使ってけっこううまくやっていたが・・・。安い給金でこき使い、挙句夜伽までさせるんで、手代がなかなかいつかない」
これも、口からでまかせではないのか?
「直近の手代が辞めたのは、いつごろで」
「ああ、つい半月前さ。半次郎とかいったな」
「その半次郎とはうまく手が切れたので?」
「けっこう気の荒いやつだった。・・・それで意趣返しに泥棒に入った」
「半次郎が?」
「おそらくそうだろう。蔵に入ろうと錠前を壊そうとした。それも二度も。いや、半次郎にちがいねえ」
「おかしいですね」
「何が?」
じぶんの見立てにけちをつけられた、と爺さんは思ったのか、ニタニタ笑っていたのが、一転不機嫌な顔になった。
「半月前まで手代をしていたのなら、蔵の鍵がどこにあるかぐらいは分かりそうなもんでしょうよ」
爺さんは黙り込んでしまった。
―泪橋にもどった浮多郎は、腹ばいになって貸本の黄表紙を読んでいる養父の政五郎に、事件のあらましを話した。
「黒門町の見立ては、とんだお門違いさ。殺された質屋の後家は夜伽のために、その安島とかいう牢人者を買ったんじゃねえ。・・・二度も泥棒に入られたんで、用心棒に雇ったのさ」
政五郎は顔を上げて言った。
「その安島が、押し入り強盗の手引きをした?」
「それだと、仏壇屋の爺さんの与太話と同じになってしまう・・・」
浮多郎は、半月前に手代を辞めた半次郎という男に会ってみよう、と思った。

私、売ります(第二夜)-寛政捕物夜話・連作短編集ー

「おい、こっちだ」
蔵の前で、岡埜同心が手招きしていた。
開け放たれた扉の間から射しこむ朝の光が、土間のどす黒い血溜まりをくっきりと浮かび上がらせていた。
「蔵を開けさせ、質草をごっそり持ち出してから、後家をぶすりと刺した」
蔵の奥の暗闇から、黒門町の甚吉親分のあばた面が、ぬっと現れた。
いつものように、あらぬ方を向いて浮多郎をまともに見ようとはしない。
「でも、おかしいですね・・・」
岡埜が、『言ってみろ』と目で合図した。
「宣徳の火鉢、金箔の小箱、鼈甲の櫛とか・・・金目のものはほとんど残っています。向かって左手の上段の棚一列の質草だけを持っていったようです。・・・待ってください。質草に貼った付箋を見ると、主はかなり几帳面で、日付の遅いのから順に並べています。たぶん、持っていったのは、この月末に質流れになる左手の上段にあった質草だけではないですか」
浮多郎の口説を聞く、甚吉親分の口惜しそうな顔といったら・・・。
質屋の帳場では、やはり殺された丁稚の小僧の乾いた血が、板の間にこびりついていた。
「大きさと形のちがう草履の血のあとが、少なくとも四つや五つはあります」
しゃがみ込んで、板の間の血痕を指差して言う浮多郎に、岡埜はうなずいた。
錠前が外された銭箱の中は空っぽだ。・・・大金が奪われたのは、まちがいない。
帳場の横の葛籠を開けようとしたが、鍵がかかっていて開かない。
がたがた音をたてたので、
「何をさがしておる?」
と、岡埜が尖った目で浮多郎を見た。
「おそらく質草の手控え帖があるはずです。それを見れば、あの棚にあった質草を質入れした人名と日付が分かるはずです」
岡埜は、
「そんな無駄なことを・・・」
と鼻先で笑った。
お追従のせせら笑いを浮かべた甚吉親分は、
「今どきの若え目明しは、やたら事件を難しい方へ持っていきやがるぜ」
と吐き捨てるように言った。
「お前が見たとかいう『拙者売ります』の牢人が、押し込み強盗を手引きしたにちがいねえ。後家も、夜伽の慰み者にと買ったのだろうが、とんだ藪蛇だった。そいつが強盗の手先だったとはな」
そうだろうか?

私、売ります(第一夜)-寛政捕物夜話・連作短編集ー

吉原裏の三ノ輪の辻から上野山下までを金杉通りという。
金杉通りの行き止まり近くの入谷に、真源院鬼子母神がある。
インドに、子供を奪って喰らう鬼子母神という悪い女神がいた。
お釈迦さまが、鬼子母神の末子をさらって隠し、子を失った母の悲しみを諭して改心させ、出産と育児の善い神とした。
大田南畝の狂歌『恐れ入谷の鬼子母神・・・』の洒落でも有名だった。
その入谷の鬼子母神で、時にガラクタ市が開かれる。
近隣の庶民が、文字通りガラクタを持ち寄って並べ、いい加減な値をつけたのを、買い手がケチをつけて値切り倒す、・・・いわば江戸っ子の粋なお遊びでもあった。
境内のいちばん隅っこの目立たないところに、『拙者売ります』と大書した板紙を首からぶら下げて座る、みすぼらしい牢人者がいた。
見物人は、それに気が付くと、「ぎょっ」としたが、見て見ないふりをして通り過ぎた。
掘り出し物をさがしにお新と連れ立ってやって来た浮多郎は、『これはまずいだろう』と鬼子母神の神職に事情をたずねたが、
「源太郎長屋の大家に無理に頼まれて・・・」
と口をもごもごするだけで、要領を得ない。
奉行所の岡埜さまから、お上の目付に話してもらうしかない、と思いつつ元へもどると、・・・牢人者がいない。
お新にたずねると、
「たった今、あだな年増がお買い上げよ」
と目を丸くして答えた。
「あれは、上野山下の質屋の後家だ。あのへんじゃ、いちばんのお大尽さね」
隣りで植木を並べる爺さんがニヤつきながら言った。
死神のように青白い顔に無精ひげだが、それなりに整った顔の若い牢人を思い浮かべ、合点がいった浮多郎は、爺さんから植木をひとつ買って泪橋へもどった。
―しばらくして、その質屋に押し込み強盗があった。
大金が盗まれた上に、質草がごっそり盗まれた蔵の中で、後家が心ノ臓をひと突きにされて死んでいた、と奉行所の岡埜同心が教えてくれた。
・・・青白い顔の牢人者の姿はどこにもなかった。