東洲斎日和(第六夜)-「寛政捕物夜話」連作短編集-

亥ノ刻、神田川左岸の浅草橋と柳橋の間の茅町で、押し込み強盗があった。
ふた間続きのしもた屋のわりと広い土間を使って、主の辰一は錦絵の版の彫りをやっていた。
賊のひとりが、障子戸の隙間に白刃を差し込んで外した心張り棒が、土間に落ちて音がした。
押し込み強盗と思ったが、頬被りをして大小を腰に手挟んだ三人の侍ということは、夜目にもはっきりと分かった。
ふたりが押し入り、三人目が見張りに立って外をうかがっているところへ、牢人者が飛び込んできた。
見張りの侍は素早く抜刀し、正眼に構えたまま、「邪魔が入った」と、中に向かって叫んだ。
中から、もうひとりの侍が姿を現した。
その時、風にあおられて夜空を走る群雲の間から、半月が顔をのぞかせた。
「東洲斎!」
ふたり目の男が叫んだ。
「なんだとお。『飛んで火にいる夏の虫』とはこのこと」
叫んだ見張りの侍が、長刀を突き入れてきた。
かわした東洲斎が、脇差を抜刀しざま、横に払った。
敵もさるもの、長刀の先を下げてこれを受けたが、わずかに脇腹を切られて片膝を突いた。
突如、家の中で火の手があがった。
中から頭らしき侍が、飛び出して手を振った。
脇腹を押さえる侍に肩を貸したふたりは、浅草橋を渡って御門の方へ脱兎のごとく、消えていった。
土間に積まれた版画に油をかけて火を点けたのか、燃え上がった紅蓮の炎は障子戸と襖を舐めつくしていった。
奥座敷に入ると、辰一と内儀とふたりの幼子は無残に斬り殺されていた。
燃え上がる障子戸を押し倒して、外へ出ると、町火消しの一団が路地を入ってきた。
遠くで半鐘が鳴っている。
そろいの半纏を着た町火消しと東洲斎は相対するかたちになった。
手に下げた抜き身を見た東洲斎は、その身をひるがえすと、三人の暗殺者を追うようにして、浅草御門のほうへ一目散に駆け出した。
―「抜き身を引っ提げた髭面の牢人者が、火の中から飛び出して来ました。火を消し終わって、奥の六畳に入ると、親子四人が惨殺されていたのです」
かろうじて辰一のしもた屋だけで類焼を食い止めた町火消しの頭が、やってきた奉行所の役人に報告した。
―「東洲斎から話を聞くしかないかな。あの夜、暮れ六ツ過ぎから、あの辺りで髭面の牢人がうろうろしているのを見た近所のやつらがけっこういる。・・・いや、ひと月前から辰一のところに出入りしていたようだ」
浮多郎を役宅へ呼び出した岡埜は、腕組みをして口をへの字にしていた。
「要蔵の大家に聞いたのですが、要蔵が瓦版を企画し、東洲斎先生が絵を描き、辰一が版木を掘り、長次が摺った。それを要蔵が売って歩いた。先生は、瓦版を作りにからむ要蔵と長次が殺されたので、次は辰一と思い定めたのではないでしょうか。それで茅町あたりに潜んで見張っていた・・・」
「浮多郎。相変わらずのへぼ推理だな。だが、これでお終いだ」
「はあ?」
今度は、浮多郎があんぐり口を開ける番だった。
「これ以上この瓦版がらみの殺しの探索はするな、とお奉行からお達しがあった」
岡埜は、逆さに立てた両手の指を外に振り、鶏でも追うように、用の済んだ浮多郎を追い払った。

東洲斎日和(第五夜)-「寛政捕物夜話」連作短編集-

早朝、蔵前の米蔵の岸から大川に突き出た首尾の松で、男が首を吊って死んでいると、吉原からの朝帰りの粋人を乗せた屋形船の船頭が届け出た。
定町廻り同心の水島源五郎が、見回りの経路を変えて浅草御蔵に立ち寄った。
たしかに、若い町人が大川に突き出た枝に吊り下げられ、大川を渡る爽やかな朝の風にぶらりぶらりと揺れていた。
水島同心は、小者とふたりでやっとこさ首吊り死体を降ろし、松の根元に横たえた。
その懐からはみ出した紙を取り出すと、・・・上段には富籤の当り番号が並び、中段から下段には、花魁を侍られせた紀文の花見の錦絵が印刷された瓦版だった。
―同じころ、『御蔵の先の駒形町のしもた屋で、女が殺されている』と、番屋に届け出があった。
こちらは、岡埜同心が急行した。
たしかに、襦袢ひとつの女の喉に、匕首が突き立てられていた。
届け出た職人によって、この駒形町の家の住人は、錦絵の摺師の長次と知れた。
裏庭に小屋を建て、そこを版画の印刷工場に使っていて、この職人は田原町から通っているとう。
さらに調べると、女は長次の長年の馴染みの浅草寺裏の銘酒屋の酌婦と分かった。
―「長次が女を家に呼び寄せて心中を図り、喉を突いて死ぬのを見定めてから、じぶんは首尾の松で首を吊ったというのが、源五郎の見立てだ」
三ノ輪の吉田屋の蕎麦を食べにやって来た岡埜は、そんなうちわの話を披露した。
それ以上のことはいわず、女将の酌で盃を重ねる岡埜には、浮多郎が首を突っ込んで来るのを待っているような気配があった。
だいいち、蕎麦のおいしい吉田屋の女将に愛嬌があるからといって、八丁堀からわざわざ出張って来る、その魂胆が分からない。
「その酌婦は、しじゅう長次の家にやって来たのでしょうか?」
「いや、職人によれば、はじめてらしい。長次は、蔦屋の頼みで写楽の大首絵も手掛けた腕のいい摺師で、仕事はしきも切らずあって、この若い職人は毎夜宵五ツまでいっしょに働いていたそうだ。女が来たのは、おそらく真夜中近くだろう」
「岡埜さまの見立てでは、この女が自死したのは間違いないと・・・」
浮多郎がこれを口にするのを待っていたかのように、岡埜はニヤリと笑った。
「俺が女を見た時、仰向きの喉に匕首が突き立てられたままだった。両手はだらりと下げてな。どうもじぶんで匕首を握った形跡がない」
「女を殺してから、長次は首尾の松で首を吊った。・・・無理心中というやつですか?」
酒の勢いのせいか、だいぶ調子が上がってきた岡埜は、
「もうひとつあるぞ。女の陰門に指を突っ込んで男の精を掻き出そうとしたが、これが一滴も出てこない。男と女は心中の前に盛大にやらかすからな」
そういって、女将の前に太い中の指を突き立てた。
・・・顔を真っ赤にした女将は、「ひえっ」と、大げさにのけ反った。
「もうひとつあるぞ」
きょうの岡埜は、出し惜しみする。
「源五郎に聞いたら、首を吊った長次の草履が松の根元になかったそうだ。だいたい、首を吊ったり、水に飛び込むやつらは、履物を揃えてからやらかす。空を飛んであの世とやらに行けると思っているので、履物は不要ということだ」
女将は、ケラケラと笑い転げた。
・・・これはお追従笑いだろう。
浮多郎はクスリとも笑わず、
「無理心中というよりも。何者かが女を殺し、長次を拉致して首尾の松まで運び、枝にぶら下げた。・・・岡埜さまは、そうお考えで」
というと、岡埜は得たりや応と腕まくりした。
「だだ、女を殺して気が動転した長次が、裸足で首尾の松まで行ったことも考えられる。だが死のうと思えば、駒形のすぐ裏は大川だ。そこへ飛び込めば簡単だ。しかし、・・・」
「しかし、何でしょうか?」
浮多郎が合いの手を入れると、
「長次の足の裏は土で汚れていなかった。あの夜は、暮れ六ツ前に激しい夕立があった。辺りは泥の海だったはず」
「その酌婦の足の裏はどうでした。だいいち、履物は土間にあったのでしょうか?」
岡埜は意表を突かれたのか、口をぽかんと開け、やがて悔しそうな顔になった。
それには答えず、「こいつが、長次の懐にあった」と、岡埜は懐から瓦版を取り出して畳に置いた。
浮多郎も同じ瓦版を、懐から取り出して並べて置き、
「やはり、偽装心中で殺された聖天稲荷裏の要蔵が、まったく同じ瓦版を売り歩いていたようです」
懐から取り出して並べて置くと、岡埜の開いた口はさらに大きくなった。

東洲斎日和(第四夜)-「寛政捕物夜話」連作短編集-

浮多郎が手に取った瓦版のいちばん上は、「大当たり富籤」の大見出しで、この春の谷中の感応寺の富籤の当り番号が羅列してあった。
中段には、豪商が大勢の吉原の花魁を従えて花見をしている錦絵が、墨一色で描かれていた。
下段では、「紀文の花見」の小見出しで、錦絵の説明を詳細にしていた。
「どうして、この瓦版が要蔵さんの殺しと繋がるんで?」
浮多郎には、分からなかった。
大家は、小鼻をひくつかせ、
「まず、この大見出しの富籤の番号が怪しい」
と話を切り出した。
「感応寺の富籤はとっくに終わっています。どうして、今ごろ当たり番号を瓦版でわざわざ知らせるんで?これは、どこかのだれかが胴元になった違法の陰富の当り番号です。当たった番号札を胴元のところへ持ち込めば換金できるのです」
浮多郎は、『なるほど』と唸った。
「問題は、この花見の錦絵です。桜の下で花魁に囲まれてやに下がっているのはだれだと思います?」
「小見出しにあるように、紀文の紀伊国屋文左衛門でしょう」
「ははは、・・・これぞ、公方さまです」
大家は、にやりと笑った。
「家斉公?」
「紀文に似せて、じつは公方さまを描いたのです」
これは『こじつけではないか』と、浮多郎は思った。
「それは、それとして、問題は花魁の数です」
「はあ?」
「ひふみよ、六人いますね。薩摩から嫁を迎えたばかりなのに、六人もの側室をかかえてお子を次々と生ませています。この瓦版では、そこを揶揄しているのです」
ぼんやりしているように見えたが、大家はなかなか鋭い目を持っている。
「これは、公方さまの色好みだけの話ではありません。贅沢をする大奥を非難した白河候は昨夏罷免され、ご改革とやらは頓挫しました。しかし、残された老中が、われわれには奢侈を禁じておきながら、公方さまには贅沢を許しております」
たしかに箸の上げ下げまで口うるさく注文をつける奢侈禁止令で、養父の政五郎の小間物屋の櫛笄簪などは、まったく売れない。
「しかし、この瓦版がほんとうにお上の逆鱗に触れたのでしょうか?」
浮多郎は、大家の話が単なる与太話ではないことを確かめた。
「要蔵さんは、瓦版を売り歩くだけではないのです・・・」
大家は、ここで声を潜めて、
「瓦版を企画するところから、摺って撒くのまで仲間たちとやっているのです」
囁くようにいったが、奉行所の御用をする浮多郎に、そんなことまで話してよいものやら・・・。
「ところで、この紀文の花見の錦絵を描いたのは、だれだと思います?」
浮多郎は、改めて瓦版をよく見た。
・・・墨一色ながら、紀文も六人の花魁も、まるでそこで息をしているように、生き生きと描かれていた。
「まさか」
浮多郎と目が合った大家は、小さくうなずいた。
「最近、この辺を探る侍をよく見かけます」
『東洲斎先生も狙われているとは!』
・・・これは、浮多郎には驚きだった。