東洲斎日和(第九夜)-「寛政捕物夜話」連作短編集-

太田南畝もそれ以上のことはいわず、幇間と三味線芸者も入れて、呑めや歌えやの宴会は果てしなく続いた。
酔いつぶれた山東京伝を扇屋に残し、蔦屋重三郎と南畝は頃合いを見計らって、大門を出た。
五十間道を酔い覚ましに歩いて、見返り柳まで来たとき、いきなり白刃が襲ってきた。
頬被りをした三人の侍が、蔦重を取り囲んだ。
「御家人の太田南畝じゃ。瓦版のことなら、蔦屋重三郎は無実。いいがりで斬るのは無法でしかない。しかるべきところへ出ようではないか」
南畝が、両手を広げて制したが、
「問答無用!」
頭の侍らしき男が、白刃を突き入れてきた。
南畝が抜刀して払ったが、しょせん文官の身、たちまち刀を取り落としてしまった。
そこへ、どこからか小柄が飛んできて、頭の頬をかすめた。
躍り出た牢人者を見て、
「おのれ、東洲斎!」
頭が叫んだ。
「ご政道の者が、町人を殺めてどうする。侍なら侍同士で戦おう」
不敵にいった東洲斎が脇差を払ったので、頬被りが顎の辺りで切れて地面に落ちた。
鬼瓦のような武骨な顔が、雪洞の明かりにさらされた。
「うぬっ」
頭は顎を押さえた。
指の間からみるみる血潮が滴った。
そのすきに、南畝は蔦重を駕籠に乗せて吉原土手を走らせ、じぶんも後を追った。
なおも蔦重の駕籠を追おうとする三人の侍の前に両手を広げて立ち塞がった東洲斎は、
「太田どのが申した通りだ。たしかに紀伊国屋文左衛門の花見の図を描いたのは拙者だ。だが黒幕は、蔦屋重三郎ではない。教えて進ぜよう。陰富の元締めだ」
そういうと身を翻して、暗闇の中へ消えた。
―「そうか、『陰富の元締め』といったのか」
でっぷりと肥った男は、後ろから抱きすくめて、前をはだけた若い妾の太ももの奥つ城を太い指でまさぐりながら、にやりと笑った。
東洲斎は、蛇のようにからみあう男と女の図を、画中に書き写していた。
・・・画帖の中の男の顔は、瓦版の紀文の顔そのものだったし、紀文を囲む六人の花魁のひとりの顔は、この若い妾とうりふたつだった。
この肥った男は、家斉公と同じく、六人の妾がいるのか、それは知らない。
「そうか、ここへやって来るか」
男は妾のうなじに唇を這わせながら、愉快そうにいった。
「柚希も殺されますか?」
妾は、「いやん」とのけぞりながら、こちらも薄笑いを浮かべている。
「ふふふふふ、殺される前にやり殺してやる」
男が、蜜のあふれた秘所に指を突き入れたので、妾はたまらずに腰をくねらせた。
・・・東洲斎はといえば、涼しい顔で絵筆を走らせている。

東洲斎日和(第八夜)-「寛政捕物夜話」連作短編集-

蔦屋重三郎は、吉原の名花である花扇を床の間の生け花に見立て、山東京伝と扇屋の主と三人で酒を酌み交わし、連歌など吟じて遊んでいた。
ようやく病が癒えた蔦重には、仲ノ町から聞こえてくる三下がりの清掻三味線の嫋々たる音色が、はらわたに沁みた。
「やあ、お待たせ」
薄くなった頭を下げた大田南畝が座敷に入って来るなり、
「重さん、あんた狙われてるぜ」
と真顔でいうので、蔦重の快気祝いのつもりだった場の空気が、たちまち一変した。
「めでたい席に、なんということを」
すでに酔の回った京伝が、口を尖らした。
「『命が狙われている』などと穏やかではありませんな。お戯れを」
いつもは穏やかな楼主が、めずらしく気色ばんだ。
「いきなりで申し訳ない」
平謝りの南畝は、かけつけ三杯とばかりに花扇から盃を受け、
「ともかくこれを・・・」
と瓦版を畳に広げた。
蔦重と京伝が、そろって覗き込んだ。
上段が籤の当り番号で、中段に紀文の花見の宴の錦絵、下段に洒落た外題が配された豪華な瓦版だった。
「この瓦版と重さんの命とどんなつながりが?」
京伝が、目をこすって身を乗り出した。
「まず中段の紀文の花見を見てほしい。紀文とはじつは公方さまだ」
「見たことも屁を嗅いだこともねえ。似てるのかね」
京伝がちゃちゃを入れた。
「京伝先生。似てるとか似ていないではなく、雰囲気だよ、雰囲気。紀文を囲む六人の花魁は、公方さまの側室をあらわす。解説には、いかに紀文が色好みかが書いてある」
みんなは、うなずきながら黙って聞いていた。
「公方さまが、この瓦版はじぶんの贅沢好みと色好み揶揄しておると怒っておる」
「へえ。家斉公も下世話な瓦版などを読むのかね」
京伝がまぜっかえすのを、南畝は無視して、
「この絵を描いたのは、写楽。外題は山東京伝。企画したのは蔦屋重三郎、と断じる幕府の重役がおる。この三人を処罰せよと息巻いておる」
「写楽は、ふたりなので四人ということだが。どらどら」
京伝が瓦版を手に取り、近眼の目を近寄せて瓦版にしばらく見入った。
「錦絵は、さすがにすごい写実力だ。この手は、十辺舎一九の洒落斎では無理だ。やはり東洲斎。しかし、この外題は京伝さまの格調がない三文戯作者の手だ。ところで、蔦屋さんも瓦版も企画するんで?」
京伝は、にやつきながら蔦重に話を振った。
それを受けた蔦重もにやりと笑い、
「こんな瓦版で、手鎖や身代半減では、この蔦屋重三郎これ以上身が持たん」
と首を振ったが、半分は本音だろう。
「すでに、この瓦版を彫った者、摺った者、売り歩いた者は殺された。東洲斎も襲われた。次は、山東京伝と蔦屋重三郎」
「ひええ」
何があってもへこたれない京伝は、どこまでもお道化者を演じた。
京伝から瓦版を横から奪い取った蔦重は、懐から眼鏡を取り出し、東洲斎の描いた紀文花見の図に見入った。
「東洲斎が、いまいちど歌舞伎の役者絵を描いてくれたらうれしいのだが。しょせん戯作者でしかない十辺舎一九では、上っ面をなぞった通り一遍の絵しか描けない」
そういって嘆く蔦重に、まったく同感の京伝も、しきりとうなずいた。
・・・たしかに東洲斎が加わらない役者の錦絵は売れなくなっていた。

東洲斎日和(第七夜)-「寛政捕物夜話」連作短編集-

要蔵の簡素な葬儀が、慶養寺で執り行われた。
仕事を休んだ長屋の大工が、棺桶を乗せた荷車を日暮里の焼き場まで引いた。
位牌を胸にした悦が従い、大家と長屋のかみさんたちが三人ほどそのあとに続いた。
まさに貧者の行進だった。
立つこともかなわない内儀は、長屋の病床で手を合わせていた。
東洲斎の姿はどこにもなかった。
―遺骨を抱えた悦がもどると、長屋のほとんどのひとたちを呼び寄せた大家が、酒をふるまった。
「要さんも、こんな病人と幼子を残して、さぞかしこころ残りだろうねえ」
「ただの瓦版売りをさ、抱き合い心中もどきで殺すなんざ、鬼畜生だ」
狭い要蔵の家に片寄せあって集った長屋の住人たちは、非道な殺しを口々になじった。
大家が、『姥ケ池の夜鷹のお島とは、心中でも何でもない。殺人を隠すための細工だった』とことあるごとにいったので、心中などと思う長屋の住人はひとりもなかった。それに、要蔵が病気の妻と悦を、いつも気使っているのもよく知っていた。
「ああ、みなさんに伝えたいことがある。東洲斎先生からの申し出で、この家の家賃は先生がもつそうだ。だから母子はいつまでもここにいられる。もっとも、先生は『これは内密に』ということだが、黙ってられなくて・・・」
大家がいうと、
「あの貧乏絵描きの先生が!」
「なら、おれたちが輪番で、毎晩ここへお菜を持ち寄ろうじゃないか。悦は、長屋のみんなで育てよう」
などと、酒の勢いもあるのか、それぞれが賛意を口にした。
内儀は、袖で顔を隠し、ひそかに涙を流した。
―その時、「ごめん下さいまし」と、開けっ放しの障子戸の陰から美しい女が顔を覗かせた。
みんながいっせいに顔を向けたので、女は頬を赤く染めた。
「東洲斎さまより、こちらへお届けするようにと申し付かりました」
といって、連れの若い女とふたりで、どこかの料亭のふたりの板前が肩に担いだお重を受け取り、長屋へ運び入れた。
長屋の連中は大喜びで、奪い合うようにして手にしたお重をめいめいが食べはじめた。
「こんなきれいなお姐さん、見たことない」
「先生の奥さんで?」
「髭も剃らず、髪もぼうぼうの乞食絵描きと思ってたけど、先生も隅におけないねえ。こんな別嬪さんを嫁さんにして」
「乞食は余計だろう」
穴子などを頬張りながら、めいめいが勝手なことを口にする。
「こちらのお若い姐さんも、きれいだねえ。お名前は?」
土間に座り込んで湯呑で酒を呷る若い大工が、粉をかける。
「秀と申します」
「お姉さんは?」
「お楽です」
「お楽さんとお秀さんは姉妹だよね。ふたりともおきれいだこと」
「掃き溜めに二羽の鶴が舞い降りたようだねえ」
「俺たちは、掃き溜めかい?」
「ちがいねえ」
酔っ払いたちが、どっと笑った。
『酒の酌などさせられてはたまらない』と、お楽は微笑み、小首を傾げて会釈をするなり、お秀の手を引いて長屋を出た。
「先生は影も見せない。・・・いつもお姉ちゃんを置いてきぼり」
聖天稲荷の山影に、夕日が落ちかけていた。
「お秀ちゃん。それをいってはいけないわ。東洲斎さまは、身請けしてふたりの暮らしが立つようにしてくださった。それだけで、ありがたいことです。さあ、観音さまに先生のご無事をお祈りして帰りましょう」
・・・お秀を明るくたしなめたお楽だが、こころは重く沈んでいた。