刺青の女(第二夜)-寛政捕物夜話短編集ー

翌朝。
浮多郎は、奉行所に呼び出され、両国橋へ向かった。
両国橋上流の東岸で、同心の岡埜吉衛門が待っていた。
大川が大きく湾曲するこのあたりは、激流が東岸の土手を削るのをふせぐため、無数の杭が岸辺に打ち込まれている。
俗に「百本杭」とも「千本杭」とも呼ばれるあたりを、夏の朝の日差しが赤く照らしていた。
「あれを見よ」
岡埜が指さす先に、杭にからみつく裸の女が、見えた。
小者とふたりで、胸まで水につかり、女を土手下まで引き上げた。
「ご苦労」とも言わず、岡埜は仰向けに転がる女の溺死体をつぶさに検分していたが、
「昨日の女と同じか?」
不意に振り向き、浮多郎にたずねた。
「へい。顔は水でむくんでいるので分かりませんが・・・」
と言いながら、左の太ももに「写楽命」の刺青があるのを確かめ、
「刺青は同じです」
と答えた。
「同じ女か、と聞いておる」
いつものごとく、岡埜は浮多郎につらく当たる。
「写楽命」などとふざけた刺青をしている女など、ふたりといないはず・・・
「へい。同じ女です」
と浮多郎は答えた。
昨日の女は白い袷で、チラと見えた下帯は赤だったが、波に洗われ、着物も下帯も流され丸裸だった。
「与太は大川橋から身投げしたと言ったが、とんでもない嘘つきだ」
浮多郎は、顔を上げて岡埜をにらんだ。
「喉を見よ。赤紫の斑点がついておる。縄か手で絞めた痕だ」
岡埜は鼻先で笑った。
浮多郎は女の喉をたしかめ、次に腹を調べた。
溺れたのなら、水を飲んで腹がふくれるのだが、むしろ腹はへこんでいる。
「首を絞めて殺したあと、裸にむいて大川に投げ込んだのでしょうか?」
下駄の鼻緒のようなゲジゲジ眉をさらに寄せた岡埜は、
「そうだろうよ。だから与太は大嘘つきじゃ、と申しておる」
と言い捨て、柳橋あたりで朝湯にでも入ろうとするのか、怒り肩を揺らして歩み去った。

刺青の女(第一夜)-寛政捕物夜話短編集ー

「写楽に会わせておくれ」
奴江戸兵衛の役者絵を手にした女が、泪橋たもとの小間物屋の店先に、いきなり飛び込んで来た。
「会ってどうなさる」
間口半間の店の奥で、錺職人の与太の相手をしていた浮多郎が、きりりとした顔をあげた。
「惚れちゃったのさ」
たしかに、東洲斎写楽が耕書堂から版行した、歌舞伎の夏興行の役者絵は大変な評判になっていた。
この女は写楽に惚れ込むあまり、頭がいかれてしまったのか?
ならば、版元の耕書堂へ押しかけて、蔦屋にかけあえばよいではないか。
・・・写楽と浮多郎とのつながりを知るのは、蔦屋の取り巻きと奉行所のごく一部に限られているはずだ。
「だれに言われて、ここへ来なすった?」
「そんなこと、どうでもよいことさね」
とにかく「写楽に会わせろ」一点張りの女は、しまいには裾をまくり上げ、太ももをあらわにした。
秘所のすぐの白い太ももに、「写楽命」の刺青がくっきりと浮かび上がった。
「写楽の居所は知らない。知らないものは教えようがない」
「知ってるんだろ。とにかく会わせておくれ」
声を張り上げる女と声を抑えた浮多郎との押し問答に、奥座敷から女房のお新が心配そうな顔を覗かせた。
お新と目が合った女は、いきなり踵を返すと、店を飛び出した。
浮多郎が目くばせすると、与太は「合点承知」と、女のあとを追った。
時に、錺職人の与太は、お役者目明しと異名をとる浮多郎の下っ引きとなって働くことがあった。
・・・小半時ほどすると、「てえへんだぁー」と叫びながら与太は店にもどって来た。
あえぐ与太に、お新が柄杓の水を与えると、
「あの女・・・大川橋から飛び込んだ!」
与太は、荒い息をつきながら言った。

徳川による平和

信長、秀吉、家康の三大戦国英傑の中でいちばんの人気落ちは、徳川家康だろう。
おそらく、山岡荘八の「徳川家康」の長編がなければ、いつまでも策謀家の狸じじいと言われ続けたろう。
武田信玄に三方ヶ原で敗れた以外はすべての戦いに勝っている。
あの戦争上手の秀吉にも勝っている。
信長ほど敵を殲滅せず、敵の武将を部下に取り立て、敵の土地も総取りはしない。
部下には厳しいが、信長ほどではなく、任せるところは任せ、取り立てる。
天下統一を仕上げたが、すべて自領とはせず、敵だった大名に土地を安堵し、ある意味「地方自治」的に任せた。
武力で力ずくで抑え込まず、法律を作って、次第に法治国家に作り変えていった。
性格は過激ではなく、部下の意見をよく聞き、信頼できる息子たちに要所をうまく治めさせた。
気が付いたら、戦国の世が、いつの間にか平和なニッポンになっていた。
島原の乱や鳥羽伏見の戦いはあったが、徳川将軍家280年の治世はおおむね平和だった。
「平和ボケ」が嫌いな、「帝国主義」的過激な好戦家にとっては、物足らないだろうが、平和の礎を作った家康こそ日本第一の英傑ではないだろうか。
関ヶ原では石田三成を、大坂の陣では豊臣家を殲滅することになったが、家康は主家である豊臣家を最後まで守ろうとした「義」のひとであった。
天下をわが物にしようと策謀したのではなく、最善の道を探るなかで、敵が自滅し、結果として天下が自分の掌に収まったのだ。
新作「武蔵、最後の戦い」では、家康の「義」と「善」の一端を描いたつもりだ。
平和に傾く世の中で、過激な剣を収めて、侍の精華を究めて「武士道」の基本を作り、「剣の道」を究めて「剣道」を考えたのが武蔵ではないだろうか。
おそらく、大坂の陣に参戦した武蔵を描いたはじめての小説が「武蔵、最後の戦い」だろうと自負している。